新 着 情 報 (2020年3月)

3月9日掲載 サイバーセキュリティ確保に係るガイドライン策定


地上基幹放送事業者であるコミュニティ放送は、放送中止事故等を未然に防ぐなどの措置を行うことを求める観点から、安全・信頼性に関する規定として、予備機器の配備、停電対策、故障検出、応急復旧機材の配備等が定められています。

また、サイバー攻撃の多様化や2020年オリンピック・パラリンピック東京大会への対応を見据え、コミュニティ放送事業者の放送・送信設備のサイバーセキュリティの確保は重要な課題となります。

弊協会は総務省で発足された「地上デジタルテレビジョン放送等の安全・信頼性に関する技術的条件」 情報通信審議会 情報通信技術分科会 放送システム委員会に弊協会も委員の派遣を通じて参加し、また、人為的・意図的な障害やサイバー攻撃等へ備えるため、コミュニティ放送業界全体に共通する「サイバーセキュリティ確保に係るガイドライン」を策定いたしました。

詳細については、下記リンクをご確認ください。

コミュニティ放送とは
※”「サイバーセキュリティ確保に係るガイドライン第1版(コミュニティ放送協会)令和2年3月2日策定”をPDFにて掲載